読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

架空宗教法人:前向きなカバ

略して「前カバ教」 人々よ、逆立ちするカバになれ。

でたらめ教祖paruのありがたい教えをお届けします

スポンサーリンク

月に一度は駄菓子屋さんにお金を落とせ!

このまま駄菓子屋を絶滅させていいのか?

菓道 蒲焼さん太郎 10枚×10袋

ぼくは宗教の教祖になる日が来たら、いの一番に信者に教えたいことがあります。

それは

駄菓子屋さんに月に一度は行け!

ということ。

このままではクールジャパン、日本のイケてる文化の象徴である駄菓子屋がつぶれてしまう。

そもそも駄菓子屋というのは、子供にとって「はじめての経済」ともいうべき存在ではないでしょうか。

限られたお小遣いの中から、うまい棒とよっちゃんイカとあんず棒を買うべきか?

それともよっちゃんイカを諦めて蒲焼きさん太郎を買ったほうがコスパがいいだろうか?

でもチェリオも飲みたい!

ガチャガチャもやりたい!

と、頭の中であれこれ考えるのです。

相当悩んだ末に、蒲焼きさん太郎を諦めて、握りしめていたせいで汗でびっしょりとなった百円玉を駄菓子屋のおばちゃんに差し出すと、

「そんなに食べたいならおまけであげるよ」

と蒲焼きさん太郎を一枚くれたりする。

ぼくが幼い頃、そんなふうにして、お金とモノの価値を考えること、つまりは「はじめての経済」を体験したわけです。

あの頃の恩返しがしたい、そしてチェーン店にまみれた街から駄菓子屋を守りたい、そんな気持ちからぼくは駄菓子屋に月に一度は通い、値段を見ずに選びまくり、だいたい500円分くらいは買うようにしている。

お布施なんていいから駄菓子屋に行くのだ!

しかし、ぼく1人がこんなことをしてもあまり意味がない。

単なる駄菓子好きな大人になりきれない変な奴が、小学生の5人分くらいの金額をたまに来て買っていくだけのことだ。

子供たちの横でチェリオをガブ飲みする行為はむしろ店にとっては営業妨害かもしれません。

だからぼくだけでなく、たくさんの大人たちに、駄菓子屋にお金を落とすことを習慣にしてもらいたい。

もしも、ぼくが新興宗教の教祖になったあかつきには、信者たちに

「私へのお布施なんていいから、そのお金で駄菓子を買ってきなさい」

と伝えるつもりです。

お酒が飲めない人のために居コーラ屋をはじめたい

酒が苦手な人たちが集うオアシス

今回はもしもぼくがいつか新興宗教の教祖になったとして、どんなビジネスでウハウハになりたいかについて書いてみようと思います。

宗教というからには、何かしらの「人々の苦悩」を解決してあげるビジネスでなくてはいけません。(たとえそれがインチキだろうと)

で、ぼくがやりたいのが

居コーラ屋なのであります。

お酒が飲めない人のオアシスを作りたいのです。ぼくはあまりお酒が強くありません。飲めないことはないけど、できればソフトドリンクのほうが飲みたい。

なのに、世の中にあるのは居酒屋ばかり。仕事終わり、会社や上司のグチを同僚と語り合うのは決まって居酒屋。

でも、酒が飲めないぼくのような人間からすると、やっぱり無理して飲むのはしんどいんです。

かといって、まったく飲まないと「ノリ悪いなー」みたいなことを言ってくる奴がいて、普段は好きな人でも、その一言でなんだか嫌いになったりする。

なので、すべてのお酒が飲めない人に向けて、居コーラ屋を作りたい。

とりあえずコーラの人は?

この店では、「とりあえずコーラの人、何人?えーと、8人。あとウーロン茶の人は?1人ね」と幹事はまずコーラありきで注文する。

というのも、ぼくは居酒屋で冒頭に行なわれる「とりあえず生の人」アンケートが嫌いだ。

ビールが飲めない自分があたかもマイノリティであることを周囲に知らしめさせられる。みんなに合わせなきゃいけないDNAが組み込まれた日本人であるぼくは、やっぱり少し嫌な気分になるから。

だからこそ、居コーラ屋では、コーラが大好きなぼくがマジョリティになれるよう、そしてみんながぼくに合わせるように、とりあえずコーラをルールとします。

ビール好きなやつらに一泡吹かせてやる

ただ、もちろんコーラだけでなく、ウーロン茶、ジンジャーエール、オレンジジュース、アンバサなどあらゆるソフトドリンクを置きたい。

それはファミレスのドリンクバーでは?というかもしれないが、だいたい居酒屋ならお酒を店員が持ってきてくれるのに、ファミレスは客が自分で取りに行けとはずいぶんな態度の違いではないだろうか。

お酒が飲める人はそんなに偉いのか?

あえて居コーラ屋にも、ビールは置くつもり。ただし、それは最近のドトールの喫煙席のように申し訳程度に4人がけくらいのカウンターを作り、「ビール飲むのはいいですけど、他のお客さんの迷惑にならないように飲んでくださいね」と嫌味ったらしく言ってやる。

ビールが飲めるくらいで偉そうにしてるやつに一泡吹かせてやる!(←うまい!)

というわけで、いつになるかはわからないけど、お酒が苦手な人たちを救うために、コーラ一杯550円、ダイエットコーラ600円、ドクターペッパー700円くらいで居コーラ屋さんを開きたいと思っています。

コカ・コーラ 500ml ペットボトル×24本

コカ・コーラ 500ml ペットボトル×24本

コカ・コーラ 1.5Lペットボトル×8本

コカ・コーラ 1.5Lペットボトル×8本

コカ・コーラ 350ml 缶×24本

コカ・コーラ 350ml 缶×24本

コカ・コーラ 160ml 缶×30本

コカ・コーラ 160ml 缶×30本

どれを注文すると、一番原価が安くなるのかな?

朝起きたらスキャットマンとか懐かしくて軽快な洋楽を踊ると良い

朝から踊れ!

ぼくがもしもいつか新興宗教の教祖になった時が来たら、信者に伝えたい教えがいくつかあります。

そのひとつについて、今回はこっそりみんなに教えようと思う。

それは

「朝起きたら、懐かしくて軽快な洋楽を聴きなさい。そして踊りなさい。それを続けることで、みなさんは健康になれるのです」

ということ。

もちろん新興宗教なのでエビデンスなんてものはない。ぼくの思いつき。

でも、ぼくはこれを続けることで実際に健康になれている。

まず、朝がつらいという人は「脳が起きなきゃと思っても、起きることに体が拒否反応を示しているから、何度も脳から体に起きろと命令を続けているからつらい」のである。しかし、頭でなく、まずは体ごと起こす必要がある。

でも、脳から体に下す命令はひとつでいいのです。

踊れ!

このシンプルな命令は体に伝わりやすい

あとは、懐かしくて軽快な洋楽に合わせて踊るだけ。

おすすめはスキャットマン。代表曲のほうでも、プッチンパポピのほうでもいい。

ベスト・オブ・スキャットマン・ジョン

ベスト・オブ・スキャットマン・ジョン

あとは、MCハマーのユーキャントタッチディスもよい。ガニ股になって飛び跳ねたり横に移動したりする。

The Hits

The Hits

ミーアンドマイのドゥビドビみたいな曲もおすすめ。

Me & My The Ultimate Collection

Me & My The Ultimate Collection

洋楽と書いたが、リッキーマーチンだかが原曲の郷ひろみのアーチチアチも朝に踊るべき一曲。

GOLDFINGER’99?HIROMI GO CLIPS? [DVD]

GOLDFINGER’99?HIROMI GO CLIPS? [DVD]

サブカルっぼい人ならジャミロクワイもアリです。

ジャミロクワイ

ジャミロクワイ

ようするに、知ってる曲を歌詞などを考えずに「脳を使わず、勝手に体に踊らせる」ということが大切。知らない曲はどんな曲か考えてしまうからダメ。好きなアーティストの曲も感情を揺さぶられるからダメ。

邦楽をおすすめしないのも脳が歌詞を考えてしまうから。ただし、先ほど書いたように郷ひろみはよい。

踊りもデタラメでいい。

考えちゃダメ。とにかく脳を使わない

昔、偉い人が「考えるな、感じろ」と言っていたが、ぼくが言いたいのは

Dont Think、Dance!

現代の日本人は踊らなさすぎる人間で、これはたぶん有史以来の異例なことではないでしょうか。

だから、人類初の超高齢化社会に突入してしまうのかもしれない。

もっと踊れ、朝から踊れ!

懐かしくて軽快な洋楽を朝に踊ると、一日中その歌が頭から離れなくなる。

先ほど脳を使うなと言いましたけど、この行為をすることで、だんだん体から脳に対して、メロディが伝わってくる。

お昼頃には頭の中で何度も「アイマスキャットマーーーン」がリピートされることになる。

すると、脳がその一日、活性化される。仕事も勉強もはかどる。

夜になると、不思議と誰かを抱きたくなる。控えめな日本人に軽快な洋楽の良い意味で「薄っぺらさ」がうまく働き、異性を誘うことがポップに行なえるようになる。

「朝起きたら懐かしくて軽快な洋楽を踊るべし!」

もしも、ぼくが教祖になったら、ぜひこれを聖典に盛り込み、信者たちに教えようと思うのです。

他にもあなたがおすすめする曲があれば教えください。

ぼくはいつか教祖になりたいんや(なぜか関西弁)

みなさん、こんばんわ

架空宗教法人「前向きなカバ」の教祖をつとめますparuと申します。

 

このたび、こんなブログを始めてみることにしました。

 

なぜはじめるかというと、ぼくがいつか宗教の教祖になってウハウハ状態で豪遊したいからという気持ち83パーセント、なんだか面白そうという気持ち17パーセント、さらに、みんなを救いたいからという気持ち25パーセントといった感じでしょうか。

 

そういった類いのことを、こちらのブログに書いたら、一緒にブログを運営しているnanokaから「独立したブログとして書いてみれば」と言われたので始めた次第です。

 

ちょっと読んでみてください。

suiminlove.com

あまりにくだらないでしょ。ANKNでしょ。

 

ぼくはブログをやるのは基本イヤですし、はてなブログの使い方がよくわからないので断ったのですが、結局のところ「寄稿」という形でならとオッケーしました。まー、ぼくはいつか教祖になりたいんや、というのが口癖ですし。

 

なので、ぼくが書いたことを、nanokaがこのブログに記入してくれるそうです。書記係ですね。

 

ぼくが変なことを言っても文句は書記係に言ってください。教祖ってそういうモンでしょ?悪いことしても守られるべき存在でしょ?

 

では、次回からはちゃんと「教え」を書いていきますね。

 

普段は以下のブログでもあれこれ書いているので、もしも今後、ぼくの信者になった人がいれば、必ず目を通しておくように。

suiminlove.com

 

スポンサーリンク